ホーム > ストーリー > 第1話-第6話




くれない寮ホーム
安全啓発センター
さよなら鶴丸
サイトマップ
基本情報
ストーリー
キャスト
スタッフ
登場人物相関図
ロケ地
脚本
SS-478掲示板
マイナー情報
原作との比較
用語辞典
訓練日記@SS-478
深読みコラム
挿入曲
カルトクイズ
オフ会
関連リンク集
オススメ商品
撮影秘話
お問い合わせ
Q&A
情報提供
管理人について





ストーリー
このコーナーでは,スチュワーデス物語のあらすじを紹介します.Version as of 2010/08/07
第1話-第6話 第7話-第11話 第12話-第18話 第19話-第22話
第1話「先生好きですッ」
 日本航空(JAL)のパーサーである村沢浩は,スチュワーデスを育てる教官に任命されたことを,電話でかつての先輩・柿野竜太から知らされた.同じ頃,日本航空のパイロットであった亡き父を想う松本千秋は,スチュワーデス採用試験を受験する.千秋は,緊張のあまり試験会場で気分を悪くし,千秋を介抱した村沢を痴漢と間違え,顔を引っ掻いてしまう.その村沢が面接試験官だと知った千秋は動揺し,散々な面接試験となる.脚本
第2話「憎らしい先生」
 スチュワーデス訓練生の教育に熱くなり始めた村沢は,ルートインフォメーションの苦手な千秋に音楽を使って特訓する.特訓中,千秋は誤って村沢の腕時計のバンドを壊してしまい,替わりのバンドをプレゼントしようと村沢と待ち合わせの約束をするが,義父にお金を取り上げられてしまう.そして,村沢もまた,婚約者・新藤真理子によって行動を束縛され,千秋との約束の時間に遅れてしまう.
第3話「とんでもない噂」
 ビューティレッスンの後,池田兼子や落合克美から,「村沢教官は派手な化粧が好きだ」と吹き込まれた千秋は,ピエロのような化粧で村沢に対面し,彼を困惑させる.その後,地味な化粧に直した千秋を,村沢は,「野菊の花のようだ」と誉める.それを見ていた真理子は,激烈な嫉妬に燃え,千秋の義父を買収し工作する.義父もまた,村沢と千秋を離すべく千秋を想う江原三郎をそそのかす.時を同じくして,478期は,石田信子のヘアカットについて反対派、賛成派とで分裂する.
第4話「ショックなラブシーン」
 火山教官に引率され,478期訓練生は保養所にでかけた.千秋は自転車で買出しに行くが,帰り道,村沢と新藤真理子のキスシーンを目撃してしまう.千秋は真実を知るべく真理子の家に行き,彼女から村沢との結婚の話を聞かされる.ショックを受けた千秋は訓練センターに出社しなくなるが,村沢は,千秋の実家に出向いてインフライトセールスの授業をする.脚本
第5話「先生と二人だけの旅」
 訓練センターでは救難訓練が始まった.最初は自信のない千秋であったが,自身の力で無事に救難訓練に体当たりする.千秋は救難訓練の合格を村沢に報告しようと村沢を探すが,柿野訓練課長から,村沢が慣熟飛行で婚約者の新藤真理子の待つパリへと行くことを聞かされる.千秋はショックを受けるが,木下さやかたち478期訓練生に励まされ,村沢が乗務する同じパリ行きに乗り,真理子から村沢を取り返そうと決意する.
第6話「先生が離れて行く」
 どうにか村沢教官と会えた千秋であるが,村沢は千秋を置いて真理子とエックス・アン・プロヴァンスへと行ってしまう.そこは,真理子にとって野外音楽祭でショパンの木枯らしを演奏した想い出の場所であった.千秋は,村沢の残したメモを頼りに後を追い,エックス・アン・プロヴァンスへ列車で向う決心をする.途中のマルセイユで,偶然,村沢と真理子に遭遇し,ピアニストであった真理子の義手の理由,そして,村沢とは結ばれることのない運命を聞かされる.脚本
| ホーム | 個人情報 | 免責事項 | リンク | 推奨環境 | 著作権 | ご意見・ご要望 | 情報提供 |
Copyright 1998-2016 Kurenairyou. All Rights Reserved. http://www.ss478.jp/