ホーム > 脚本 > 第22話「さよなら!!」 > 閉講式




くれない寮ホーム
安全啓発センター
さよなら鶴丸
サイトマップ
基本情報
ストーリー
キャスト
スタッフ
登場人物相関図
ロケ地
脚本
SS-478掲示板
マイナー情報
原作との比較
用語辞典
訓練日記@SS-478
深読みコラム
挿入曲
カルトクイズ
オフ会
関連リンク集
オススメ商品
撮影秘話
お問い合わせ
Q&A
情報提供
管理人について





脚本 第22話「さよなら!!」
このコーナーではスチュワーデス物語の名場面を脚本形式で再現します.

閉講式

43
成田・日本航空成田あかつき寮入口
玄関から訓練生が出てきて2台のバスに乗り込む
バスの扉が閉まり走り出す
44
道路
走っている2台のバス
45
訓練生が乗ったバス・内部
黙り込んでる訓練生
千秋のアップが映る
46
羽田・日本航空乗員訓練センター
訓練センターが映る
47
同・第一体育室前
新人養成訓練閉講式会場の看板が映る
48
同・第一体育室内
椅子に座っている訓練生
壇上に花が飾られている
立って演説をする柿野訓練課長
柿野訓練課長
「本日は、478期、479期、480期、481期、以上80名の訓練生の閉講式。つまり、卒業式を迎えることができた。訓練課長としてこんなにうれしいことはない。君たちもうれしいだろう。おめでとう!」
訓練生
「ありがとうございます」
と頭を下げる
柿野訓練課長
「思えば6ヶ月前、君たちがこの訓練センターに入ってきた時は、みんなまだ、まともな挨拶、ちゃんとした言葉遣いもできないただの娘っ子で、私は80名のうち3分の2、いや半分が卒業できれば上々だと思っていた。ところがどうだ、今日の閉講式で80名全員が顔を揃えている。これは君たちの努力の結果でもあるが、教官の方々の熱心な指導が生んだ奇跡としか思えない。柿野竜太、この通りお礼を申し上げる」
と訓練生たちに深々と頭を下げる
拍手が起る
担任教官の方へ向き深々と頭を下げる
拍手を鎮める柿野
柿野訓練課長
「みんなも知ってのとおり、私の夢は、世界じゅうの空を我が日本航空のスチュワーデス、赤い鶴のマークのお姉ちゃんたちでいっぱいにすることだ。現在約5000羽の先輩スチュワーデスたちが大空を飛んでいるが、今また80羽のフレッシュで若い鶴たちがこの訓練センターから飛び立っていく。こんなにうれしいことはない。君たちも先輩に負けずに、世界の空を大きく、たくましく、美しくはばたいてもらいたい。柿野竜太、この通りお願いする」
と訓練生たちに深々と頭を下げる
拍手が起る
柿野訓練課長
「では、スチュワーデス認定証。つまり、当訓練センターの卒業証書を授与する。各期の代表が受け取るように」
柿野訓練課長
「478期」
石田信子
「はい」
と返事をし立ち上がり柿野に礼をしてスチュワース認定証を受け取る
柿野訓練課長
「479期」
479期代表
「はい」
と返事をし立ち上がる
松本千秋
「さやかさん」
柿野訓練課長
「(OFF)480期」
松本千秋
「わたし、やっとスチュワーデスになれたんですね」
480期代表
「(OFF)はい」
木下さやか
「そうだよ。夢じゃないんだよ。千秋」
柿野訓練課長
「(OFF)481期」
481期代表
「(OFF)はい」
柿野訓練課長
「では、各期担当の教官。訓練生たちにネームバッジを付けてやってください」
村沢教官
「はい」
火山教官
「はい」
480期担当教官
「はい」
481期担当教官
「はい」
ネームバッジをとりに行く各期担当教官
柿野訓練課長
「全員起立」
起立をする訓練生
石田信子の前に行く村沢
バッジの載ったトレイを持つ石田信子
村沢教官
「石田。お前はとびきりの優等生だが、ちょっとネクラだぞ」
信子にバッジをつける村沢
村沢教官
「いつも、明るい笑顔を忘れるな!
信子の胸元のネームバッジのアップが映る
村沢教官
「分かったか?」
石田信子
「はい」
村沢教官
「池田」
と池田兼子にバッジをつける
村沢教官
「いくら現代っ子でも、お前は少し頑固でがめついぞ!もっとやさしい女らしい女になれ」
池田兼子
「はい」
村沢教官
「中島」
と中島友子にバッジをつける
村沢教官
「お前のぶりっこも可愛いが、いつまでも子供っぽいとみんなに馬鹿にされるぞ!気をつけろ!」
後ろでは火山教官が479期訓練生にバッジをつけている
中島友子
「はい」
村沢教官
「落合」
と落合克美にバッジをつける
村沢教官
「九州女の意地っ張りも面白いが、いつも力んでると肩が張るぞ!時々リラックスして体操をしろ!体操を!」
落合克美
「はい」
村沢教官
「木下」
と木下さやかにバッジをつける
村沢教官
「調子に乗って浮かれるな。ご機嫌で突っ走るとすってーんとひっくり返るぞ!」
木下さやか
「はい」
村沢教官
「松本」
と松本千秋にバッジをつける
村沢教官
「お前はドンなカメだ。いつも自分はノロマなカメだと思って、慎ましく、しかしたくましく生きて行けよ!」
松本千秋
「はい」
ネームバッジを触る千秋
バッジのアップが映る
49
同・教官室前の廊下
花を持った訓練生が廊下を歩いてくる
扉を開けて教官室に入る訓練生
50
同・教官室内
拍手をし椅子から立ち上がる教官
窓際に一列に並ぶ教官
訓練生が教官の所へ花を私に歩いていく
池田兼子
「Thank you very much, Mr. Masuoka」
落合克美
「Thank you very much, Mr. MaCavley」
益岡教官
「Congratulations! And take care of yourself」
石田信子
「Thank you very much」
マッコーレー教官
「Congratulations!」
松本千秋
「Thank you very much, Mr. Masuoka」
益岡教官
「Well ,well.Miss Matsumoto, You gave us a hard time during the training」
松本千秋
「I 'm sorry」
益岡教官
「OK.Ah, congratulations! And please take care of yourself」
マッコーレー教官
「(OFF)Congratulations!」
松本千秋
「Thank you. Thank you, Mr. Masuoka」
益岡教官
「Good luck!」
訓練生
「ありがとうございました」

協力:H.Y.さん
(2005/12/28改)
| ホーム | 個人情報 | 免責事項 | リンク | 推奨環境 | 著作権 | ご意見・ご要望 | 情報提供 |
Copyright 1998-2016 Kurenairyou. All Rights Reserved. http://www.ss478.jp/