ホーム > 脚本 > 第1話「先生好きですッ!」 > 第一次面接試験の夜




くれない寮ホーム
安全啓発センター
さよなら鶴丸
サイトマップ
基本情報
ストーリー
キャスト
スタッフ
登場人物相関図
ロケ地
脚本
SS-478掲示板
マイナー情報
原作との比較
用語辞典
訓練日記@SS-478
深読みコラム
挿入曲
カルトクイズ
オフ会
関連リンク集
オススメ商品
撮影秘話
お問い合わせ
Q&A
情報提供
管理人について





脚本 第1話「先生好きですッ!」
このコーナーではスチュワーデス物語の名場面を脚本形式で再現します.

空中飯盛り女

22
松本千秋の家
壁の時計は深夜0時22分を指している
テーブルでは、千秋の義父・松本清治が酒のグラスを持ったまま黙りこくっている
千秋の母・弓子もまた、酒のボトルを持ったまま黙りこくっている
玄関のドアを開ける音に気付き、席を立つ弓子 席に座ったままグラスの酒を飲む清治
松本弓子
「千秋」
と千秋に声をかけるが、返事をせず、むっとした表情でいる千秋
松本清治
「12時過ぎまで電話もよこさないで、どこで何をしていたんだ?」
と怒鳴りだす
松本清治
「うちへ帰ってきて、ただいまも言えんのか?」
と更に声を荒げテーブルを叩く
松本千秋
「ただいま」
と無表情にこたえる千秋
松本弓子
「晩御飯は?何か食べる?」 
  声を出さずに首を横に振り、テーブルに手をつく千秋
松本弓子
「そいじゃあ、お風呂に入ってもう休みなさい。疲れたでしょ?」
松本千秋
「お母さん。スチュワーデスの試験めちゃくちゃ、あたし、もうだめ。諦めた」
松本清治
「諦めた?お前スチュワーデスになることが長年の夢だったんじゃないのか?それをたった一日でダウンして諦めるとは情けない奴だ。俺はな、車のセールスやっているがな。 客に断られてもねばりにねばって車売りつけるぞ!少しは俺の根性見習ったらどうだ」
とグラスの酒を飲み干す清治
  
酒のボトルを千秋の前に乱暴に置く清治
松本清治
「おい」
と空のグラスを千秋の眼前に差し出す
松本清治
「注げ」
と語調を荒げる
  
無言のままそっぽを向く千秋
松本清治
「お前、父親に酒も注げんのか?」
とグラスをテーブル上に乱暴に置く
松本弓子
「はい、あなた、はい」
と千秋の代わりに酒を注ごうとボトルを手にするが 、すぐに清治にボトルをひったくられてしまう
松本清治
「あーや、俺が注ぐ」
松本清治
「まったく意固地で強情なところは死んだ父親譲りだ」
松本千秋
「父親譲りってどういうことですか?」
とようやく清治の方に振り返る千秋
松本千秋
「パイロットだったお前の父親はな、ずいぶん頑固で人付き合いが悪かったそうじゃないか。 お前が俺に懐かないのもその父親の血を引いているせいだ」
松本千秋
「ち、違います。死んだお父さんのせいじゃ」
松本清治
「じゃぁ、何なんだ?言ってみ!ろえっ」
松本千秋
「怖いんです。あなたが」
と清治をにらみつける
松本清治
「あなた?5年間養ってもらって、なんていい草だ!もういっぺん言ってみろ!お前は」
と荒れ狂い、千秋にとびかかろうとする
松本弓子
「やめてください。やめて」
とを静止しようとする
松本清治
「だいだいお前のような可愛げのない女はな、客商売のスチュワーデスになれるわけないんだ。さっさと諦めちまえ」
松本千秋
「あたし、諦めない。やるわ」
松本清治
「何?」
松本千秋
「スチュワーデスになれるかなれないか、死に物狂いでやってみるから」
と階段を駆け上がる千秋

(2011/03/06)
| ホーム | 個人情報 | 免責事項 | リンク | 推奨環境 | 著作権 | ご意見・ご要望 | 情報提供 |
Copyright 1998-2016 Kurenairyou. All Rights Reserved. http://www.ss478.jp/