ホーム > 深読みコラム > 「ドリフ大爆笑」との視聴率競争




くれない寮ホーム
安全啓発センター
さよなら鶴丸
サイトマップ
基本情報
ストーリー
キャスト
スタッフ
登場人物相関図
ロケ地
脚本
SS-478掲示板
マイナー情報
原作との比較
用語辞典
訓練日記@SS-478
深読みコラム
挿入曲
カルトクイズ
オフ会
関連リンク集
オススメ商品
撮影秘話
お問い合わせ
Q&A
情報提供
管理人について





深読みコラム
このコーナーではスチュワーデス物語について考察した深読みを紹介します. Version as of 2010/03/20
「深読みコラム」は,管理人の主観や憶測を含む記事です.
実放送との相違
今回発売になったDVDに付属する資料によれば,83-84年の放映時,視聴率はほぼ全回を通して15-25%と高い水準を保ち,最終回に向けて一段と伸びて言ったことが窺えます(「基本情報」参照).とはいっても,例えば第6回や第11回のように,裏番組に食われて視聴率ががくっと落ち込んだ時もあります.(視聴率の変化参照)
スチュワーデス物語視聴率の推移
スチュワーデス物語視聴率の推移
大晦日の「紅白」と格闘技の視聴率競争ではありませんが,当時はどのような番組が「スチュワーデス物語」と視聴率を競っていたのでしょうか?(当時の番組表参照)
当時の番組表
当時の番組表
*:19時30分からの番組
**:19時からの番組
以下は全国紙縮刷版のテレビ欄及びTVガイドから調べた当時の番組です(東京地区).

NHK総合: 歌謡ホール(ただし特番あり)
日本テレビ: 長七郎江戸日記
TBS: スチュワーデス物語
フジテレビ: 火曜ワイドスペシャル(19:30から)(ただし特番あり)
テレビ朝日: 何かとワイド面白地球(ただし特番あり)

当時は,居間に1台,あと別の部屋に小型テレビ1台,合計2台のテレビがあるという家庭が増えてきていたと思われます.居間では親が「歌謡ホール」や「長七郎江戸日記」を見ていて,子供達は別の部屋で「スチュワーデス物語」を見ている・・・こんな光景は多かったのではないでしょうか.

でも,裏番組によっては,兄弟姉妹がチャンネル争いをすることもあり,「スチュワーデス物語」が負けてしまう,こんなこともあったことでしょう.

「スチュワーデス物語」よりも見たい!という番組とはなんだったのか?

それは「火曜ワイドスペシャル」の「ドリフ大爆笑」でした.全22話のうち(総集編を除く),「火曜ワイドスペシャル」にドリフが登場したのは,何と7回!これはほぼ3回に1回の割合です(ただし1回は「ドリフのホノルルマラソン」で,「大爆笑」ではない).

「スチュワーデス物語」の視聴率が前回比下がった(あるいは横ばい)だったことは9回(2,6,9,11,13,14,15,18,20話)ありましたが,そのうち裏番組に「ドリフ大爆笑」があったのは5回.

特にシリーズの前半,83年放映分については,視聴率が下がった(あるいは横ばい)4回全ての裏番組は「ドリフ大爆笑」でした.

「ド,ド,ドリフの大爆笑〜♪」のオープニング,「もしも・・・だったら」のコント,いかりや長介さんの「だめだこりゃ!」の最後の決めゼリフ.知らない人がいないと言っても過言ではない,まさに国民的な大コント番組の前には,さすがの松本千秋も脱帽ということだったのでしょう.

なお,84年年初の「総集編」の効果があってか,12話の視聴率は22.7%へ急回復しましたが,そこからは3話連続してのダウン.2話以上連続して視聴率が下がったのはこの時だけです.しかしこの時は裏に「ドリフの大爆笑」はありませんし,ドリフ以外の強力な番組が続いたわけでもありません.

そうなると,「スチュワーデス物語」のストーリーそのものに視聴率低下の原因がある・・・このように考えるのが自然でしょう.

13話では真理子が村沢に妊娠を告白し,以降の話ではそれに絡んだ真理子の嫌がらせがエスカレートしていきます.「スチュワーデス物語」らしい話の展開ではありますが,たとえば中学生や高校生といった若い視聴者中心に,「妊娠」と「嫌がらせ」という題材を敬遠する人が少なからずいたのかもしれません.

最終回はシリーズ最高の26.8%.この時も裏は「ドリフの大爆笑」だったのですが,多くのファンに支えられ,ドリフとの戦いの中では唯一視聴率をアップして,有終の美を飾ることができました.でも,もし裏にドリフがなかったら,30%の大台を突破することも可能だったかもしれませんね.

投稿:H.Y.さん

(2005/12/28改)
| ホーム | 個人情報 | 免責事項 | リンク | 推奨環境 | 著作権 | ご意見・ご要望 | 情報提供 |
Copyright 1998-2016 Kurenairyou. All Rights Reserved. http://www.ss478.jp/